替刃の交換時期を1日でも長ーくしたい方法を考えた

どんなに名の知れた名品刃物(刀、包丁、カンナ、ノミ等)でも1度でも使用すると切れ味は落ち、周期的に研ぎ直しが必要です。
カミソリの刃も昔は(両刃)研ぎ直しながら使用していたそうです。冶金技術の発達でステンレス材から開発され錆ない衛生的な替刃がされるようになり総合的な科学の発展と各メーカーの研究で色々な形状のカミソリ・替刃が開発されています。

替刃の刃先は1インチの約100万分の4の厚さです(新聞の厚さにすると750枚分)。その刃先も3つの面にて構成されており、天より荒研削、細研削、微細研削(刃先)の研削角度により鋭利で耐久性の高い刃先になっており、刃先にスパックリングと呼ばれる硬質金属の層をコーティングし一層の耐久性を有し尚かつポリマーコーティングを溶着し刃と髭の剃る時の摩擦を減らしソフトな剃り味と長切れを同時に得る工夫にしてあります。

最近は4枚刃・5枚刃の最新式のカミソリが普及しておりますが、剃り屑を除去するクリーニング機構、一層の切味をスムーズにするスムーサー付の替刃が販売されています。今後も研究開発されたカミソリが色々と出てくると思います。

このように科学的に研究開発され最新の設備で生産されています替刃ですがやはり交換が必要です。
ではどの位使用できるか、いつ変えるべきかとなると科学的な数値として出す事は不可能なのですが、メーカー推奨は1週間での交換が望ましいとされております。

【1】髭を剃る方の個人差

<1>髭の濃さ、薄さ、硬さ、太さ、細さ、伸びる速度が人によって違う
(20,000~25,000本)(銅線と同じ太さ0.1~0.3mm)(年間100~150mm)

<2>平均して一回の剃る時間 1分~4分間

<3>髭を剃る回数 100~800回

【2】髭を剃る時の前準備

<1>髭は濡れると大変軟らかくなりますが、水でするか温水での時間(3分間が理想)で違ってきます。吸水性がいいのはやはりお湯であり柔らかくなるのも早いです。また、ヒゲは水分を含むと約40%膨張し、切断しやすくなり刃に対する負担も軽減されます。

<2>石鹸・シェービングクリーム・シェービングフォームを使用する石鹸はお肌の汚れを落とす事もありますが、カミソリが肌にあたる際の潤滑剤として役立ちます。何も付けない状態で肌にカミソリを充てる行為は肌荒れの原因にもなりますので必ず付けましょう。

<3>朝がベスト(但し起きてから20分位後がベスト)ウェットシェービングは起床してすぐに行うのではなく、コップ一杯の水を飲み体全体に水分を与えてあげてから行うのが良いです。朝の肌は水分が不足がちです。体内から水分を与える事により鋭利な刃物であるカミソリが肌に与えるダメージを軽減させます。対象的に電気シェーバーの場合は、起床してすぐに刈る事をおすすめ致します。決して洗顔後に行うのではなく、硬くなっているヒゲを網刃に入れるようにして行ってください。

【3】皮膚の弱い人・強い人

肌の敏感な方、丈夫な方は人それぞれでございます。 しっかりとご自分の肌を理解して、きちんとケアをすることをおススメ致します。

【4】その日の体調も大きく切れ味に左右する

上記に記しました通り、個人差と状況によって刃の寿命は大きく違ってまいります。まずご自身にあったカミソリを求めてご自身の剃り味感を確認し、刃の寿命を見分けいただく事が最大の要素となります。私の場合ですが、上記の事を行い、大体2週間に一度の割合で交換しております。皆様も参考にしていただき、より長く替刃が持つ様なシェービングをしていただければと思います。