ヒゲの歴史

ヒゲの歴史

「髭」と言っても、「あごひげ」、「ほほひげ」、「くちひげ」などがあるんです。英語で言いますと「ベアード」「ホイスカー」「ムスタッシュ」さらに漢字では「鬚」「髯」「髭」というのですね。今では個性の象徴となりお洒落の象徴ともいえる動きがありますが、昔は今とは違ったものでありました。女性にはない男性だけのモノですから、その歴史は男の歴史ともいえるわけです。自分なりの持論も入り込みますが歴史とともに髭の歴史を紐解いてみたいと思います。

発生から仏教伝来までまずは先史時代のお話。このころの髭はスタイルとかなんてものでなかったのは想像できますね。髭が立派に生えてくるようになれば、それは成人として生活をしていたのでしょう。ただこの時代は平均寿命が短かったでしょうから、近代のように髭が大人を象徴する、などは微妙なところでしょうね。ただ当時の生活から考えると髭は寄生虫や、食事の際に邪魔になるなどの存在だったと思われます。各地で出土している石器が現在のカミソリの代わりとして髭を剃っていた、というより切り落としていたのでしょう。これは新石器時代、縄文時代そして弥生時代にまで当てはまると言えます。また人類と髭の進化過程において、寒い地域に移動をしていったモンゴロイドは髭が凍りつき凍傷になることから髭が退化していいく過程もみられます。 飛鳥時代になると仏教伝来とともに日本にも大陸からカミソリが持ち込まれ、当時は法具として髭をを剃る儀式に用いられたみたいですね。この時代くらいから一般の人も髭を剃るようになりましたが、カミソリは法具であり一般的には使用されていなかったと思われます。小刀など当時の道具を使用したようですね。また当時の中国から伝わった「けっしき」といわれる毛抜きで抜いて整える方法も一般的だったようです。

室町時代から江戸時代まで室町時代に入ると、当時のヘアスタイル?として月代(さかやき)を剃る露頭が定着しはじめておりまして、月代を剃る際に剃刀をはじめて用いた人物は織田信長と言われております。
ただ、一般的にはまだまだ剃刀は高価なものだった為に庶民などは毛抜きで月代を行っていたようです・・痛そうですね。当時、髭はまだ公家は髭をたくわえないのが普通でしたが、役人のなかには威厳を整えるために「かつらひげ」といわれるつけひげをしたこともありました。武家も髭を抜いたりして、やはり威厳を整えるために形を整えたりしました。この時、あご髭は胄の緒の都合からたくわえた場合が多かったようです。
戦国時代になると、髭は強さの象徴として賛美されはじめます。特に大髭を「ひげまん」などといい当時の武将がよく好みました。あの豊臣秀吉でさえつくり髭をたくわえたと伝えられております。髭を生やすことで、観るものの印象に凄みを感じさせ、さらには顔色を隠すことにより本心を見抜かれにくくする髭の一面が時代に好まれたのでしょう。そして、だんだんと世が落ち着くにつれ髭は一般的にも抜く作業から、剃刀で剃り整えるようになったといわれております。貞享元禄(1684~1704)の時代になると、庶民の間でも髭が大流行。ある意味では現代よりも熱狂的で、髭の薄い人は「作り髭」という松脂を加えて固めたモノを取り付けたり、なんと墨で髭を顔に描く者までおりました。その髭の流行はだんだんとエスカレートし、カマ髭と呼ばれるような立派なタイプも現れ,当時の町には様々な髭で溢れかえったことが想像できます。
この流行を「害」と考えた徳川幕府は1670年1686年に老人以外が髭をたくわえることを禁止する禁令「大髭禁止令」をだしました。最終的には刑罰をも科す徹底ぶりで、以後江戸時代からは武士などから威風堂々とした髭は姿を消すことになります。

明治時代から近代まで

明治時代になって、文明開化の気運が起こり欧米文化が浸透し始めると庶民にも髭を生やすことが再び流行いたしました。明治初期の髭は官員、そして学者、教員と当時威厳を持つ職業、立場の人たちまで及びました。戦国時代とは違い、単に髭を生やすだけでなくその人の顔形に合うように工夫されておりました。
日露戦争、そして世界大戦と日本もまた動乱の時代に突入していくことになりますが、皮肉にもここでも髭は威厳の象徴としてさらに脚光をあびることになります。その際、軍人の間ではドイツ皇帝ヴィルヘルム2世をまねた「カイゼルひげ」がにわかに流行しております。
そして、終戦後もまだ髭は威厳、風格の象徴として文化人、財界人などにも好まれております。しかしその反面、高度成長期になり会社に勤めるサラリーマンをはじめとする人々の間では、会社規則、職場などで髭を禁止する傾向が強くなり徐々に姿を消していきます。
バブル時代が終焉をむかえ、それまでの組織型経済から成果主義的ともいえる個人主義の時代を迎えます。その現代の日本では若者また高度成長期を支えた団塊世代の方々に髭の流行の兆しがみえます。これは戦国時代とはもちろん明治時代の髭とも違い、新たな髭の財代の幕開けです。