シェービングマグカップの使い方(理容店のマグカップ)

理容店でのマグカップ。

実はこれこそ日本ならではのマグカップなんです。

 

 

海外ではこのようなカップはなく、いわゆるコーヒーカップに似たものになります。

では、日本のマグカップについて説明

理容店でお馴染みのカップは2層式になっており深くなっている側に蒸しタオルスチーマーの熱いお湯を入れてブラシに水分を与えます

そしてもう1つの最大の日本ならではの、お・も・て・な・し。

HOSPITALITYと申しましょうか、浅い箇所であわ立てたブラシと泡を温めてるという保温効果もあるのです。

ブラシで泡立て髭を剃り、もう一度泡をブラシでつける際にブラシも泡も暖かいので目を瞑っていて思わず「冷たっ!」

ということもなく、心地よい髭剃りの空間となるのです。

ご自宅でご使用される際は、熱湯でなくてもよいでしょう

蛇口から出てくるお湯を少し熱めにしてカップの中に注ぎ泡を作って見てください。

ご使用後はブラシ、カップをきちんと濯いで風通しの良い場所に保管することをオススメいたします。

マグカップはこちら