自宅で簡単90秒 BARBERの蒸しタオルの作り方

蒸しタオル

僕は大好きだ!
毎日、自宅でヒゲを剃るが理容店に行くと必ず行う髭剃り。

何故?

自宅でも行うのだからナシでもいいのでは?

いやいや、それは違うんです!

セルフの髭剃りでは味わえない髭剃りがあるのです!
例えば、セルフの場合、おでこの周り、耳の周りや眼の辺りの産毛を剃りますか?
理容店に行けば日頃 手に届かない場所までしっかりと剃ってもらえるので凛とした顔になるのと産毛と一緒に古い角質も剃り落とすのでツヤツヤの顔になるのと輪郭がハッキリするんですよ。

そしてもう1つの違いは「蒸しタオル」

これはまさに至福の時間

蒸しタオルには意味があるのです!
理容師の人って簡単にホカホカのタオルを顔にふわっとのせるんですが、このタオル、元々は80℃以上あるんです。しかも水分を含んでいるから熱湯に近い!

熟練の技ですかねー、それを簡単に顔にのせて心地よい適度な温度まで冷ますのだからワザです!

では蒸しタオルってただ気持ちイイだけではないのはご存知ですか?

1、温かい蒸気で毛穴を開かせて汚れを浮かせる。

2、蒸気がヒゲの奥まで水分を与えて柔らかくする。

3、皮膚のすみずみまで水分を与えてカミソリ負けを軽減する。

4、心地よい蒸しタオルの湿度と温度が血行を良くする

4、リラクゼーション効果が期待される(実際に体感すればわかります)

今回、自宅で作れる蒸しタオルの方法を公開。

毎日は出来なくても時間がある時に試してみてください。

 

1、タオルに水を湿らせて軽く絞ります。
2、ジップロック(ビニール袋でも構いません)の中にお水を20ccくらい入れその中に先ほどのタオルを入れます。

 

 

3、ジュップを閉めてお皿に乗せて電子レンジで90秒間温めます

 

 

4、一度 蓋を開けて暖かい湯気が出てたら袋から出して少し冷ましてから軽く絞ります

生ぬるさを感じた場合はプラス30秒ずつで温度調整するといいですよ

熱すぎるとヤケドの恐れがありますのでご注意ください

 

5、暖かいタオルを顔の上に乗せて「あー、気持ちいい〜。」

で完成です

 

きっと朝の髭剃りが楽しくなる事でしょう

でも、僕の本当のオススメは!

休日の本日、プロによるホンモノの心地よい蒸しタオルと髭剃りを体感してはいかがですか

この心地よさ、是非、ご自身で体感してみてください。

 

いつもの馴染みの理容店、
もしくは、お近くの理容店で是非。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL