1本の棒状 カミソリでのヒゲの手入方法

 

そのヒゲはそれでいいのか?

カミソリ屋と理容師がつたえる
本物のヒゲのTradな世界

むかしからの男らしさのヒゲ。

Mutton Chops
マトンチョップス
Ducktail
ダックテイル
French Fork
フレンチフォーク
Jumbo Junior
ジャンボジュニア
Lincolnic
リンカニック
Scotch
スコッチ

むかしの髭を見てみると比較的長く蓄えている形が多く見られます。髭の特徴としては、長くすればするほどその人個人個人の存在感が強くなり一言の発言力に重みが出てくることでしょう。またスコッチの髭も同じで鼻の下部分に1ポイントアクセントにすることで人の視線を自分の口元に集め、一言一言の発言に集中させ説得力を促す効果があります。

最近のヒゲの形

Apron
エプロン
Fuji
フジ
Hollywoodian
ハリウッディアン
Kakomi
カコミ
Push
プッシュ
Continental
コンチネンタル

ここ最近の髭は、口ひげを生やす人よりあごひげを伸ばす方が多く見られます。1つの要因としては、会社勤めをされている方々の配慮によるものです。口ひげはイメージとして「偉そう」となってしまいますがあごひげは「お洒落」として企業によっては認めているところもあるそうです。実際に最近の髭を生やしている方々の大半はクリエーター的な職業の方が多く見られます。

髭は、生やす場所、形、長さによって顔の表情が変わってきます。それだからこそまずは自分の顔の特徴を知り、それから自分の顔に合う髭を創り上げることをお奨め致します。

髭のトリミングのアドバイザー
ヒゲ倶楽部 リーダー
丸山 尊人 氏

ご自分に合った髭をプロの理容師によって創り上げられたら必要なのは毎日のデイリーグッズ。これからご紹介するのは毎日使用する髭用の手動理器の数々。髭を手入れするのは時間も必要です。ゆっくりと時間をかけるのも男のダンディズムの世界。愉しんでみて下さい、髭のお手入れを。

自分のヒゲは自分で創り上げるから価値がある。

自分で髭を創り上げるのは至難の業。 だからこそ個々の個性が出て男らしさが形成されていくものです。しっかりした形の良い髭のスタイルを築き上げる「男らしさ」のアイテムは
1、髭用ハサミ
2、髭用コーム(櫛)
3、カミソリ
4、シェービングブラシ
5、上記を使う為のたのしむ時間全ての道具は手動理器で電動式ではありません。
ご自分自身で髭を手入れし、自分の「顔」を創りあげていくダンディズムの世界なのです。
ゆっくりと鏡の前に左写真の道具を置き、ご自身の顔を映しながら理想とする髭を創り上げていきます。時間がかかるのは創り上げる最初のとき。
自分の理想な髭の形が出来上がれば、あとの日頃の手入れは簡単。
電動では味わえない、本物の男のダンディズムの世界をおたのしみください。

なぜT字カミソリではなく棒状のカミソリなのか?

通常のT字カミソリ

トラッドタイプカミソリ

一般的なT字タイプのカミソリでは見えない箇所は多々ございます。
しかも髭を蓄えているとどうしても感覚に頼りがちになってしまうこともございます。
しかし、トラッドタイプのカミソリでは鏡に的確に手元が映し出されるので確実に余分な髭のみ剃り落とす事が出来ます。

実はきれいに剃る決め手は左手なんです。

トラッドタイプのカミソリで髭を剃る場合、 必要なのは添え手である手なんです。右手にカミソリを持つ場合は、反対の左手。添え手を剃る箇所を写真のように皮膚を引っ張り上げる事でヒゲを立たせ深剃り出来るようにします。頬などはご自分で口の中に空気を含み風船のように皮膚を張らせるもいいでしょう。慣れると簡単に上手く剃れます。

今までと違う持ち方の醍醐味。

通常の持ち方が上記写真の2枚です、頬などの大きな箇所はこの2つの持ち方で豪快に上から下にと剃り落として下さい。「ジョリジョリッ」と髭剃りの奏でる振動が手に直接感じる事ができます。

細かい箇所などは上記の持ち方をお奨めいたします。顎や口まわりなどの髭を残す部分は鉛筆のような持ち方で小さく小さく動かすときれいに剃る事ができます。またモミアゲ下などは右の写真のような持ち方にすると小さな動作で的確に剃る事ができます。

深剃りを行う場合は、カミソリを反対側にクルッとまわすと刃が逆さになります。そしてより的確に深剃りが行いたい場合は反対側に装着している刃上部のスムーサー部分に指を置き、髭を剃る感覚を指で感じながら逆剃りを行っていきます。
ただし、こちらは指を誤って切ってしまう恐れがありますので十分にご注意いただきたくお願いします。また万が一、お客様にトラブルがございましても一切の責任は負えない事をご理解願います。

日々上達していく喜びがあります。

今までと違う持ち方のカミソリですので使い始めは結構大変です。
そして誤って切ってしまう事もあるかもしれません。しかし、回数を増やすうちに徐々に上手くなっていき最後はきれいに深剃りが出来るようになります。

 

是非、愉しんでください、必要なのは時間です。
お時間が無い方には決してお奨めできない製品であることをご理解下さい。
ゆっくりと時間をかけて自分自身の顔を創り自信を持つ。
これが髭を手入れする究極の髭剃りセットです。
肌で感じる昔ながらのトラッドな世界。
真の男のダンディズムがはじまります。

 

ヒゲの手入れに便利な棒状カミソリはこちら