貝印 | KAI

日本の次世代のカミソリを開発したKAI.(貝印)軽便カミソリ

下記文面は祖父・父親から訊いた話をまとめた文献である。
フェザー安全剃刀の創業者である遠藤斉治郎の息子が創立したカミソリメーカー。
創業者の名前も父親と同じ斉治朗を命名しており貝印としては初代 遠藤斉治朗となる
父がフェザーで社長職であった当時、息子である貝印、斉治朗は自分でカミソリを造りたいと伝えたそう。
フェザーの社長である父親は同様のカミソリ製造ではなく、軽便カミソリであれば良い。と父から伝えられ貝印を創業、日本初の軽便カミソリの産みの親となる。

「貝印」の名前と由来。
昔の刃物の原点が貝であること。
貝の姿形が美しいこと。
扇のように末広がりであることなど、いくつかの理由があるそう。



貝印はカミソリから始まり現在は日用雑貨など幅広く製造し今では海外にも販売しているグローバル会社、品質の良さ、デザイン、耐久性が良く幅広いファンに支えられている製造メーカーである

参考資料、祖父・父親の話し。KAIウェブサイト