貝印 | KAI
コラム

貝印 | KAI

日本の次世代のカミソリを開発したKAI.(貝印)軽便カミソリ 下記文面は祖父・父親から訊いた話をまとめた文献である。フェザー安全剃刀の創業者である遠藤斉治郎の息子が創立したカミソリメーカー。創業者の名前も父親と同じ斉治朗を命名しており貝印としては初代 遠藤斉治朗となる父がフェザーで社長職であ...

Read more
シックは戦略で日本カミソリ市場を征した~「日本のウェットシェービング市場の歴史」第二話
コラム

シックは戦略で日本カミソリ市場を征した~「日本のウェットシェービング市場の歴史」第二話

カミソリ倶楽部代表取締役 竹内康起と、戦後から令和まで、日本のウェットシェービング市場と文化について振り返ります。 シックは戦略で日本市場を征した カミソリ倶楽部の先代・竹内金蔵は在りし日の取材で「商品が良くて、宣伝が良くて、販売網が良ければ売れるのです」と述べていました。成功のカギはそこの見...

Read more
世界で唯一。特殊な日本カミソリ市場 ~「日本のウェットシェービング市場の歴史」第一話
コラム

世界で唯一。特殊な日本カミソリ市場 ~「日本のウェットシェービング市場の歴史」第一話

世界で唯一。特殊な日本カミソリ市場 多くのウェットシェービングを愛好者が利用しているT字型替刃安全カミソリが誕生したのは、20世紀初頭の1904年のことです。発明者はキング・C・ジレット。「ジレット」の安全カミソリは第一次世界大戦を機に急速に普及し、やがて「ジレット」は、圧倒的な資本と技術力で...

Read more
戦後カミソリ史記 第三話 21世紀初頭のカミソリメーカーの大変革
コラム

戦後カミソリ史記 第三話 21世紀初頭のカミソリメーカーの大変革

カミソリ倶楽部 代表 竹内 康起 寄稿 21世紀に入るや予期せぬ大きな出来事を目前にした。シックの親会社である米国ワーナーランバート社と米国ジレット社が続けてM&Aにより買収されたことでありいずれも売上高5-6兆円とわれる超ビッグな企業の傘下に入ったことである。これぞアメリカ流によるグローバル...

Read more
戦後カミソリ史記 第二話 日本のカミソリ素材(帯鋼)
コラム

戦後カミソリ史記 第二話 日本のカミソリ素材(帯鋼)

カミソリ倶楽部 代表 竹内 康起 寄稿 日頃、使用している髭そり用のカミソリ素材である帯鋼については意外にも日本の名刀と世界のカミソリとの関連が出て来る。余り知られていない事実だが、名刀正宗などの由来を見ると、その材料である玉鋼は島根県山陰地方特産の真砂砂鉄を用い、日本古来の製鉄技術である“た...

Read more
戦後カミソリ史記 第一話 日本におけるシェービング市場の変遷
コラム

戦後カミソリ史記 第一話 日本におけるシェービング市場の変遷

カミソリ倶楽部 代表 竹内 康起 寄稿   わが国のカミソリ市場は戦後15年を経て1960年の貿易自由化が開始されるまで、主に国産品の安全カミソリだけが流通し国産品全盛時代が存在していた。中でもフェザー(昭和28年社名変更)は他の国産メーカーを大きく引き離し80パーセントのシェアーを占め国内最...

Read more