打ち粉(天瓜粉)がパァーッと舞う光景に酔いしれる

僕、髪を刈り上げる時に打ち粉をパァーッとつけてカットする動作が好きなんですよ!



短い部分に粉をフワフワしたパフで付着していきます。
この白い粉は天瓜粉(てんかふん)といい打ち粉とも呼ばれています。

この白い粉を断面図につけることで刈り上げをするときの面を見やすくするためだそうです。

先日、友人とヘアースタイルの話しになり刈り上げの時の白い粉って覚えてる?
と訊いたら、そぉ言えばあったよね!懐かしいねぇー。でも今は髪の毛が・・・・
とまぁ、45にもなるとヘアスタイルにも制限が出てくるので。。。。

やっぱり思い出に残るシーンなんだなぁと感じました。

前にベビーパウダーを付けていると思いB丸さんに訊いたら正確名!を教えてもらったんです。
そしてそれが「てんかふん」またの名を「打ち粉」と知ったんです。

因みにネットで僕が調べたのですが、ベビーパウダーは商品名で成分は「てんかふん」と「タルク」という滑石が主みたいですね。
安全基準をクリアした健康上に害のないタイプを使用しているとありました。
安心だ^^。
またまた勉強になりました♪

B丸さんとの話しでは「僕たち世代の理容師は「てんかふん」を使って刈り上げをしている人は多いと思うよ。ただ若い子だと使ってないかもねー」

おお!
より希少価値を感じてしまう僕。

プロが使うコトツールの1アイテムの1つ。深いですよねー。
カットするとき、髪に付着した粉がハサミの開閉と同時にパァーッとキラキラと舞う、鏡を通して見える光景。
美しいんですよねー。


これがフワフワしたパフです。

そしてこれが天瓜粉(てんかふん)といいます。



原料はなんと!コンスターチ(植物性)
髪の毛には勿論ですがハサミにも優しいそうです。
ハサミにも優しいという理容師の最も大切なツールの1つにまでケアを考えているのにも感心いたします。

そして出来上がったのがこちら!
ジャジャーン!



眩しかったのでサングラスをしておりますが、お気に入りのヘアスタイルになりました。

週末の今日、皆さまもハサミの開閉と同時にパァーッとキラキラと舞う光景を見てみませんか。

もですが、

理容店での身だしなみ、お近くのお店に是非です♪