普段のカミソリがトランスフォームします(贈り物にオススメです)

毎日使用しているカミソリ。 カミソリには、使い捨て・替刃式の2種類がございます 今回は替刃式のカミソリについて。 1903年、両刃が誕生しその後、片刃のカミソリが登場しました。 1970年から2枚刃、1990年代後半に3 […]

SCHICK SUPER Ⅱ 1970年代のCM

1970年代、2枚刃が誕生しました 当時は画期的な安全カミソリだったことでしょう 長方形型の四角いカートリッジの中に1つ1つの替刃が2枚並び深剃りを追求したカミソリです。 そしてこの時代からカミソリの刃がより長切れするよ […]

「カミソリ負け」を軽減するヒゲ剃りの仕方(シェービングのプロの理容師が教えます)

BARBER(理容師)が伝授する「カミソリ負け」を軽減するヒゲ剃りの仕方 <1>髭は濡れると大変軟らかくなりますが、水分を冷水で含ませるか温水で含ませるかで、時間が違ってきます。吸水性がいいのはやはり温水で、 […]

カミソリ 替刃の種類と交換時期 1枚刃から5枚刃についての特徴

色々な替刃について(豆知識) どんなに名の知れた名品刃物(刀、包丁、カンナ、ノミ等)でも1度でも使用すると切れ味は落ち、周期的に研ぎ直しが必要です。 カミソリの刃も昔は(両刃)研ぎ直しながら使用していたそうです。冶金技術 […]

両刃カミソリ。昔ながらの切れ味のカミソリでカミソリ負けをしない方法とは?

両刃カミソリでのカミソリ負けをしない方法とは? 1903年 キング・C・ジレットさんが初めて開発した安全カミソリの原型である両刃カミソリ 当時はカミソリも替刃も大変高価で替刃はステンレス鋼では炭素鋼でした カミソリも替刃 […]

カミソリ負けを英語ではナントいうのか?SHAVED HEADから学ぶ

  前々から思っていたことで日本ではカミソリを使った後、赤くなったり痒くなったりすると「カミソリ負け」と言いますよね 実は以前、イギリスに住んでいたとき、恥ずかしい話ですがヒゲを剃った時に肌荒れを起こしまして、 […]

今ならau簡単決済がお得です

弊社オンラインストアはstore.jpのビジネス仕様を活用しております 今回、運営会社より新しいサービスでau決済ができるようになり、なんと! 8月29日まで¥2,500-以上のお買い求めのお客さまに限り自動的に500円 […]

今から80年さかのぼって見る伝統ある海外のカミソリ

19世紀中ごろのイギリスで誕生したT型安全カミソリ。   今から26年前の1991年に取材を受けた記事を見つけましたのでそのまま抜粋いたしました 2017年の現在、色々なカミソリがある中の原点は下記のカミソリか […]

2つのタイプのカミソリを味わえる限定1pcsのカミソリセット

2つのカミソリがセットになったウェブサイト限定セットを作りました。   一般的なT字カミソリは世界のカミソリメーカー ジレットの3枚刃を適合。 西部劇に出てくる棒状のカミソリを現代版のカミソリを装着してより安全 […]

1本の棒状 カミソリでのヒゲの手入方法

  そのヒゲはそれでいいのか? カミソリ屋と理容師がつたえる 本物のヒゲのTradな世界 むかしからの男らしさのヒゲ。 Mutton Chops マトンチョップス Ducktail ダックテイル French […]