普段のカミソリがトランスフォームします(贈り物にオススメです)

毎日使用しているカミソリ。 カミソリには、使い捨て・替刃式の2種類がございます 今回は替刃式のカミソリについて。 1903年、両刃が誕生しその後、片刃のカミソリが登場しました。 1970年から2枚刃、1990年代後半に3 […]

髭そり時の弱い肌の方への対策方法について。(僕自身、肌が弱く実際に行なっている方法)

髭そり時の弱い肌の方への対策方法について。 (僕自身、肌が弱く実際に行なっている方法)     毎朝、もしくは夜の髭剃りを行なっている男性の必ずの天敵であるカミソリ負け・・・ 肌が痛かったり、痒かった […]

「カミソリ負け」を軽減するヒゲ剃りの仕方(シェービングのプロの理容師が教えます)

BARBER(理容師)が伝授する「カミソリ負け」を軽減するヒゲ剃りの仕方 <1>髭は濡れると大変軟らかくなりますが、水分を冷水で含ませるか温水で含ませるかで、時間が違ってきます。吸水性がいいのはやはり温水で、 […]

カミソリ 替刃の種類と交換時期 1枚刃から5枚刃についての特徴

色々な替刃について(豆知識) どんなに名の知れた名品刃物(刀、包丁、カンナ、ノミ等)でも1度でも使用すると切れ味は落ち、周期的に研ぎ直しが必要です。 カミソリの刃も昔は(両刃)研ぎ直しながら使用していたそうです。冶金技術 […]

両刃カミソリ。昔ながらの切れ味のカミソリでカミソリ負けをしない方法とは?

両刃カミソリでのカミソリ負けをしない方法とは? 1903年 キング・C・ジレットさんが初めて開発した安全カミソリの原型である両刃カミソリ 当時はカミソリも替刃も大変高価で替刃はステンレス鋼では炭素鋼でした カミソリも替刃 […]

カミソリ負けを英語ではナントいうのか?SHAVED HEADから学ぶ

  前々から思っていたことで日本ではカミソリを使った後、赤くなったり痒くなったりすると「カミソリ負け」と言いますよね 実は以前、イギリスに住んでいたとき、恥ずかしい話ですがヒゲを剃った時に肌荒れを起こしまして、 […]

2つのタイプのカミソリを味わえる限定1pcsのカミソリセット

2つのカミソリがセットになったウェブサイト限定セットを作りました。   一般的なT字カミソリは世界のカミソリメーカー ジレットの3枚刃を適合。 西部劇に出てくる棒状のカミソリを現代版のカミソリを装着してより安全 […]

まるで丸太のように太いハンドルのカミソリセット

高級家具や床材で有名なアフリカ産のウェンジウッドを使用したカミソリ・ヒゲブラシ。持ち手が、通常のカミソリに比べ大きく作ったセットです。   木の質が硬く、そして耐久性に優れているのはもちろんのこと、素材の色合い […]

オールアバウトさんにご掲載いただきました。ウェットシェービングがグルーミングの基本!

オールアバウト ウェットシェービングがグルーミングの基本! でご紹介いただきました ありがとうございます   https://allabout.co.jp/gm/gc/196283/?FM=compi_link […]

なんと!SCHICKからプレゼントが届いた

なんと! カミさん宛にSCHICKから最新式のカミソリが届いた!   しかもCCC(カルチャーコンビニエンスクラブ)さんからのDMという。 蔦屋さんを運営しているCCCさんはお得意先さまでもあります そしてSC […]